ブログで使う画像の著作権対策!正しい引用方法とは?

自給自足アフィリエイターの斉藤です!

ブログで使う画像は、しっかりと引用元を書いていますか?

引用元を書かないで、勝手に引用すると、著作権違反で訴えられる可能性もあります。

 

ですが、どういう画像が引用出来て、どうやって引用すれば良いのかわからないですよね。

そこで、ここではブログで使う画像の著作権対策と、正しい引用方法について、動画付きで解説します!

画像を勝手に引用するのはNG!

結論から言うと、基本的にはネットにある画像を勝手に引用するのは、著作権違反です。

例えば、芸能人の名前を検索して、適当にダウンロードしてブログに載せるのは著作権違反になります。また、個人がブログに載せている画像もNG!

 

これで炎上したのがWelq問題。Welqなどは適当なことを書いてたのもありますが、勝手に画像を使っていたことも問題で、それが原因で炎上し、サイトが閉鎖に追い込まれました。

著作権違反は、立派な犯罪で、『10年以下の懲役、または1000万以下の罰金 』が課されます。

著作権は所有している人の権利

ですが、画像を載せたからって、すぐに処罰を受けるわけではありません。なぜなら、著作権は所有している人の権利だからです。

つまり、訴えられれば罰せられるし、訴えれなければ罰せられない、ということ。だから、明らかに著作権違反をしているにも関わらず、ブログなどに載せているサイトもあるのです。

 

正直、画像をどこまで載せて良いのか、明確な基準があるわけではないので、『これをしたら絶対NG!』という線引きがありません。なので、芸能人の画像を載せたりするのもグレーゾーンなんですよね。

一応、芸能人などの画像を載せることも、宣伝効果があるので、相手側にもメリットがあると言えます。また、読者にとっても、画像があった方がわかりやすいですよね。

 

ですが、著作権違反かどうかを判断するのは、あなたではなく、著作権を持っている側。

したがって、訴えられれば何も言えませんし、見過ごされる場合もあります。ですので、著作権がある画像を載せるかどうかは、あなたのモラル次第。

しかし、『モラル』と言ってもよくわからないと思いますので、僕がしている対策を紹介しますね。

僕がしている画像対策

①著作権フリーの画像を使う(無料・有料)

全ての画像に著作権があるのではなく、著作権フリー画像(著作権を放棄した画像)も存在します。ブログでは著作権フリー画像を使うのが無難です。

無料の著作権フリー画像集をまとめましたので、参考にしてください。

【保存版】ブログで使える無料画像サイト10選!全部著作権フリー!

2016.11.21

 

また、無料サイトではなく、有料の画像サイトもあります。有料ですので、お金がかかってしまいますが、有料サイトは当然質も良いですし、差別化もできるので、有料サイトを使うのもおすすめです。

ちなみに、僕はよく『fotolia』という有料画像サイトを使っています。

fotoliaはこちら

②自分で撮影した写真を使う

自分で撮影した写真を使うのが、1番ベスト!

自分で撮影した写真であれば、リアリティもありますし、他サイトと差別化もできます。

自分で撮影できる範囲の画像であれば、多少汚くても自分で撮影して使うことをおすすめします!

③芸能人の画像は使わない

僕は、著作権のことでビクビクするのが嫌なので、芸能系の記事はほぼ書きません。特に、ジャニーズやディズニーはかなり厳しいと言われています。

書いたとしても、画像を使いたい時は、公式のTwitterやインスタグラムから引用するようにしています。公式SNSは、もはや『拡散してよ!』って言っているようなもの。きちんとした埋め込み方法がありますので、正式な埋め込み方法で、ブログに埋め込むと良いですよ!

④アフィリリンクを使う

商品を紹介したい場合は、楽天やアマゾンなどのアフィリリンクを使っています。アフィリリンクは、画像付きのアフィリリンクを作ることができますので。

アフィリリンクであれば、画像をクリックすれば、購入してくれる可能性もあるので、一石二鳥ですね。

⑤しっかりと引用元明記する

著作権があるものを使いたい場合は、しっかりと引用元を明記します。

引用の方法は、以下のような感じ。

プロフィール
引用元:koheisaito.com

 

しっかりと「引用元:~」を明記しましょう。これを明記しないと、無断転載ですので。

また、引用する時は、「<a href=”https://koheisaito.com/” target=”_blank” https://koheisaito.com/</a> 」のtarget=”_blank”は付けるようにしましょう。「target=”_blank”」は、別のタブでリンク先を開くということです。

target=”_blank”は、画像を挿入する際に、「リンクを新しいタブで開く」を選択すると、自動的につくようになります。

さいごに

著作権の問題は、アクセスがないうちは大丈夫でも、アクセスが増えた時に問題になる場合があります。それだけ他人の目に触れますからね。

なので、長期的な視点で考えたら、今回紹介した対策でモラルを持って画像を使った方が賢明です。

 

また、ワードプレスを使ったブログアフィリエイトのノウハウについては、このブログでも随時更新していきます。

更に詳しく知りたい!という人は、以下のメルマガにご登録ください。登録特典として、ブログアフィリエイトでどのようにして稼いでいくのか?についてのレポートをお渡ししております。

メルマガ読者限定で、ブログには書かないライティングスキルもお伝えしています♪

都内で畑をしながら、月100万稼ぐ自給自足アフィリエイター。
お金・物・時を自給する力を持つ”自給人”を増やします!
詳しいプロフィールはこちら
月20万円稼ぐ無料メール講座はこちら

農耕型アフィリエイトで月10万稼ぐ無料メルマガ

noukougata_catch
畑をしながら、アフィリエイトで稼ぐ僕がお届けする、無料メルマガです。

このメルマガでは、僕が身に付けたテクニックと思考法を配信しています。

特典として、月10万円稼ぐためのブログアフィリエイトノウハウをプレゼントしています!
スポンサードリンク
スポンサードリンク

農耕型アフィリエイトで月10万稼ぐ無料メルマガ


畑をしながら、アフィリエイトで稼ぐ僕がお届けする、無料メルマガです。

このメルマガでは、僕が身に付けたテクニックと思考法を配信しています。

特典として、月10万円稼ぐためのブログアフィリエイトノウハウをプレゼントしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です