アドラー心理学「嫌われる勇気」を要約まとめ(図解あり)

kirawareruyuki

「自由とは、他者から嫌われることだ」

他人の目ばかり気にしていた僕にとって、このフレーズが衝撃的すぎて、アドラー心理学にのめり込みました。

 

香里奈さん主演で、フジテレビでドラマ化も決定した嫌われる勇気!

僕も、嫌われる勇気でアドラー心理学にハマるくらい、嫌われる勇気は対話形式でわかりやすいんですが、体系がわかりづらいですよね。

そこで、要点を1つの図にまとめてみました!

嫌われる勇気まとめ

 

こう見ると、アドラー心理学はシンプルですよね。
まずは課題の分離、そして共同体感覚を持とうということです。

 

それでは、段階的に説明していきますね。

原因論と目的論

アドラーは、フロイト、ユングに並ぶ、3大巨塔とされている心理学者ですが、アドラーは、フロイトとは真逆の立場として、目的論を取っています。

 

原因論は、過去の経験から現在を考えるのに対し、
目的論は、現在から過去を意味付けする立場です。

 

時間の流れで見ると、以下のようになります。

・原因論:過去→現在
・目的論:現在→過去

 

つまり、「今までの過去は人生において、何のためにあったのか?」と考えることによって、過去の経験は、現在の自分で再定義しよう、ということです。

 

例えば、原因論の立場であれば、コミュニケーションが苦手な人が、過去に恥ずかしいトラウマがあるから、苦手になっているんだと考えます。

対して、目的論の立場だと、コミュニケーションで失敗したくないから、トラウマを理由に逃げている、ということになります。

 

ですが、この過去を再定義すれば、人は変われるとアドラーは言っているんですね。

コミュニケーションが苦手な場合は、普通の人よりコミュニケーションのことを考えているわけで、もしかしたら、勉強をするためにその過去があったのかもしれません。それを突き詰めれば、仕事になる可能性もありますよね。

 

「過去を再定義して、今ここに生きる。
そうすれば、あなたは変われる。」

これが、アドラー心理学の根本となります。

全ての悩みは対人関係である

さらに、アドラーはすべての悩みは、対人関係にあると断定しています。
劣等感というのは、自分の中だけの悩みだと思われがちですが、これも他者との比較や競争からくるものですよね。

 

そして、この対人関係の悩みは、人生のタスクと向き合うことで解決することができます。

人生のタスクとは、「仕事のタスク」「交友のタスク」「愛のタスク」の3つです。

■仕事のタスク
仕事上の付き合い(他人からの評価など)

■交友のタスク
友人の数ではなく、距離と深さ

■愛のタスク
恋愛関係、親子関係

 

これらの人生のタスクに向き合わず、さまざまな理由を付けて、逃げようとすることを、アドラーは「人生の嘘」と呼んでいます。つまり、環境のせい、人のせいにすることで、人生のタスクから逃げているということです。

 

アドラーの立場だと、自分が変わる決意さえすれば、自分も環境も全て変わると言っているんですね。これが、アドラー心理学が、“勇気の心理学”と言われる所以です。

課題の分離とは

そこで、アドラーは対人関係を解決するための入口として、“課題の分離”を掲げます。

課題の分離とは、「自分の課題」と「相手の課題」を分けて、相手の課題には介入するなということです。

 

最近のベッキーや乙武氏の不倫騒動、清原の薬物騒動など、ああいうニュースがトップニュースになる時点で、課題の分離ができていない人が、非常に多いことがわかりますよね。
不倫や薬物問題なんて、当人や周りにとっては重大な課題ですが、僕らにとっては、全く関係ない課題です。

つまり、自分の人生を生きずに、他人の人生を生きているということです。

 

身近な例で言うと、ラインやfacebookで反応がなくて、苦しむ人がよくいますが、あれも反応をするのは相手の課題であって、自分の課題ではありません。facebookに写真を上げたり、自慢をするのも、他人から認められたくてすることが多いですよね。

 

さらに、親子関係で、親が子に「勉強しなさい!」というのも、親が課題の分離ができておらず、子の課題にずかずか踏み込むから、両者で苦しむことが多いんです。

 

そこで、アドラーは、

「他人の課題に介入する事こそ、自己中心的な発想なのだ」

と言います。

 

「他人の為に!」と思っているようで、
実は、“他人を自分の承認欲求を満たす道具”にしてしまっているのです。

 

アドラー曰く、他人の課題に介入する人は、「誰からも嫌われたくない」という意識が強い。しかし、これは非常に不自由な生き方ですよね。

 

そこで、アドラーは、

自由とは、他者から嫌われることだ

と断言しています。

 

この嫌われる勇気を持つことこそが、対人関係のスタートになるんですね。

共同体感覚

共同体感覚とは

嫌われる勇気を持てってことは、自己中心的に生きろってことなの?と思われるかもしれませんが、これは対人関係のスタート。目指すべきは、共同体感覚です。

 

“共同体感覚”とは、他者を仲間だとみなし、そこに自分の居場所があると感じられること。
“共同体”とは、家庭、学校、職場、地域、国家、人類、宇宙全て、時間軸においては過去から未来まで全てを含みます。

 

つまり、課題の分離をして、まずは他人の人生ではなく自分の人生を生きろ。だけど、「あなたは、共同体の一部であって、世界の中心ではない」ということです。

そして、共同体感覚を持つために必要なことは、以下の3つ。

①自己受容
今の自分をありのままに受け入れる

②他者信頼
無条件に相手を信じる

③他者貢献
他者・共同体に貢献すること、与えること
見返りは求めない

 

この自己受容→他者信頼→他者貢献の循環が共同体感覚であり、対人関係のゴールです。

そして、アドラーは、この他者貢献こそが、幸福であると言っています。

 

アドラー心理学の面白いところは、他者貢献は、他者の見返りを求めるものではなく、貢献をした時点で幸福だということ。つまり、「私は誰かの役に立っている」という主観的な感覚こそが、貢献感となります。

 

人は、貢献感を得るために、承認を求めようとしますが、これには自由がありません。他者貢献という貢献感を持てば、承認欲求は完全に消えるとアドラーは断定しているんですね。

アドラー心理学まとめ

アドラー心理学は、目的論の立場を取り、自分が変わる決心をすれば、「いまここ」で人生を変えることができます。

人生は空しいという虚無感があるならば、それも自分の人生の意味を、自分で定義することで解決することができる。

 

過去を再定義して、今ここに生きる。
「人生における最大の嘘は、”いまここ”を生きないことだ」とアドラーは言います。

 

人生の意味や使命感は、その時々で、もしかしたら変わるかもしれません。でも、それはそれで良いんです。人生の意味が変われば、過去や未来の意味も再定義することができます。過去の自分、未来の自分が、今の自分を応援してくれるイメージですね。

 

変わる決心をすることは、かなり勇気のいる決断ですが、人生は決断と覚悟で、いくらでも変わりますよ。僕も、会社を辞める決断をしましたが、そのパワーをビジネスを一点集中したことで、かなり収入も伸ばすことができました。

 

まずは自分の人生を生きて、
同じ共同体の仲間として、共同体感覚を持てるようにしていきましょう。

 

幸せになる勇気についても、こちらの記事でまとめました。
アドラー心理学・幸せになる勇気の要約まとめ(図解あり)

嫌われる勇気は、1章ごとにまとめたので、良かったら参考にしてみてくださいね。

第1章:トラウマを否定せよ
第2章:すべての悩みは対人関係
第3章:他者の課題を切り捨てる
第4章:世界の中心はどこにあるか
第5章:「いまここ」を真剣に生きる

都内で畑をしながら、月100万稼ぐ自給自足アフィリエイター。
お金・物・時を自給する力を持つ”自給人”を増やします!
詳しいプロフィールはこちら
月20万円稼ぐ無料メール講座はこちら

農耕型アフィリエイトで月10万稼ぐ無料メルマガ

noukougata_catch
畑をしながら、アフィリエイトで稼ぐ僕がお届けする、無料メルマガです。

このメルマガでは、僕が身に付けたテクニックと思考法を配信しています。

特典として、月10万円稼ぐためのブログアフィリエイトノウハウをプレゼントしています!
スポンサードリンク
スポンサードリンク
kirawareruyuki

農耕型アフィリエイトで月10万稼ぐ無料メルマガ


畑をしながら、アフィリエイトで稼ぐ僕がお届けする、無料メルマガです。

このメルマガでは、僕が身に付けたテクニックと思考法を配信しています。

特典として、月10万円稼ぐためのブログアフィリエイトノウハウをプレゼントしています!