アドラー心理学「嫌われる勇気」まとめ!すべての悩みは対人関係?

clown

内面の悩みは存在しない

アドラー心理学の「嫌われる勇気」をまとめようと思いましたが、1記事でまとめられなかったので、まずは1章ごとにまとめていきます。

今回は、第2章の「すべての悩みは対人関係」

嫌われる勇気まとめ(図解あり)はこちら

第2章 すべての悩みは対人関係

第2章のテーマは、

すべての悩みは対人関係にあるということ

人間は、他者との関係性の中で生きています。
どんな悩みであれ、他者との比較から、生まれます。

嫌われる勇気で主に書かれていることは、劣等感について。

劣等感は、客観的な事実ではなく、主観的な解釈である

つまり、劣等感は自分の思い込みであること。
他人と比べるから、劣っていると感じてるだけであって、それは自分で再定義ができるんですね。これは、1章の“過去を再定義する”に通ずる話です。

健全な劣等感とは?

例えば、僕も大学生までは、劣等感の塊みたいな男でした(笑)
自分の顔は嫌いだし、話すのは苦手だし、仕事はできないし・・・みたいな。

そこで、私が変わろうと思って始めたのは

「ほめ日記」という日記!

単純に、自分のことを褒めまくる日記なんですが
これを3カ月くらい毎日書いていたら、逆に良い方に思い込みが向きました。

書いていた内容は、こんな感じです。

「おばあちゃんに優先席譲ってあげた!おれって優しい男じゃん」
「今日も日記書いたんだ!継続力あるね!」
「待ち合わせの10分前に行った!偉い!」
「今日も服かっこいい!イケメンじゃん!」

 

こんな超単純な日記ですが、これを書き続けると、自分の良いところを探すようになります。

アドラーは、劣等感でも、“健全な劣等感”もあると言います。

それは、理想の自分との劣等感で、今の自分よりも前に進もうとすること。
つまり、他者との比較ではなく、未来の自分との比較です

前述のほめ日記は、昨日の自分よりも成長している自分になれるので、アドラーの言う、健全な劣等感も利用できているんじゃないかと思います。

人間の行動面と心理面の目標

また、アドラーは、人間の行動面と心理面のあり方に、はっきりとした目標を掲げています。

■行動面の目標
①自立すること
②社会と調和して暮らせること

■心理面の目標
①わたしには能力があるという意識
②人々はわたしの仲間であるという意識

 

そして、これらの目標は、人生のタスクと向き合うことで達成できると言います。

人生のタスクとは、「仕事のタスク」「交友のタスク」「愛のタスク」の3つに分け、これらの対人関係ときちんと向き合うことで、目標を達成できます。

■仕事のタスク
仕事上の付き合い(他人からの評価など)

■交友のタスク
友人の数ではなく、距離と深さ

■愛のタスク
恋愛関係、親子関係

 

これらの人生のタスクに向き合わず、さまざまな理由を付けて、逃げようとすることを、アドラーは「人生の嘘」と呼んでいます。
つまり、環境のせい、人のせいにすることで、人生のタスクから逃げているということ

環境も人も、結局は自分で選んでいます。

だから、その環境や人が嫌なら、自分でライスタイルを選び直すことも可能だし、まずは、自分が決心して変わらなければ、周りも変わらないということです。

やはり、アドラー心理学は、勇気の心理学。

決意をすると、最初は大変だけど、生きやすくなりますよ。

嫌われる勇気まとめ(図解あり)はこちら

都内で畑をしながら、月100万稼ぐ自給自足アフィリエイター。
お金・物・時を自給する力を持つ”自給人”を増やします!
詳しいプロフィールはこちら
月20万円稼ぐ無料メール講座はこちら

農耕型アフィリエイトで月10万稼ぐ無料メルマガ

noukougata_catch
畑をしながら、アフィリエイトで稼ぐ僕がお届けする、無料メルマガです。

このメルマガでは、僕が身に付けたテクニックと思考法を配信しています。

特典として、月10万円稼ぐためのブログアフィリエイトノウハウをプレゼントしています!
スポンサードリンク
スポンサードリンク
clown

農耕型アフィリエイトで月10万稼ぐ無料メルマガ


畑をしながら、アフィリエイトで稼ぐ僕がお届けする、無料メルマガです。

このメルマガでは、僕が身に付けたテクニックと思考法を配信しています。

特典として、月10万円稼ぐためのブログアフィリエイトノウハウをプレゼントしています!