時間を自給するとは?時間の作り方を解説!

時間自給

時間を自給すれば、思い通りに時間が使える

 

自由人7人で、フィリピンのパングラオ島に来ています。

パングラオ島は、そのへんにヤギや牛がいたりして、もうかなり自由な島で、めちゃくちゃ楽しいです。

 

こんな自由な島で、感じることは、

 

時間の使い方は、人によって違うということ。

さらに、時間を自分で自給すれば、こんな楽しい島で1週間も楽しめちゃうこと。

 

1日は24時間、1年は365日はみんな一定だけど、時間をコントロールすれば、いくらでも時間を自給できます。

サラリーマンだったら、お金があっても、こんな離れ小島に1週間も滞在なんてできませんでした。

それでは、今回は、時間を自給するということについて、解説します。

時間を自給するとは

時間を自給するとは、自分で仕組みを作って、時間を生み出すということ。

時間は人それぞれ違うはずなのに、なぜかみんな同じような時間に寝て、同じような時間に起きて、同じような期間に旅行しますよね。

 

周りや日本の常識の時間で動いていませんか?

例えば、僕なら、日本では夜の22時半くらいに寝て、5時半くらいに起きます。

別に意識が高いとかじゃなくて、こういう生活の方が気持ちがいいし、調子が良いから(笑)

 

朝早起きすると、色んな得があります。

・外に人がいなくて快適
・情報が早く入る
・生活リズムが安定する

こんな良いことがたくさんあるのに、なぜか普通の人はやらないわけです。

 

こんな生活をしていると

「おじいちゃんみたい!!」

って言われます(笑)

 

まぁ、畑を楽しいし、もはや老後みたいな生活ですが(^^;)

でも、電気がなかった時代は、これが当たり前だったはずです。

 

また、フィリピン人は、渋滞が多すぎるせいか、遅刻するのが当たり前。

「渋滞を考えて、早く出なさい!!」

みたいな発想にはなりません。

 

これは日本の謎の常識なだけで、世界の常識ではないのです。

そして、カジノ好きは寝ないでカジノをしています。

僕には理解できませんが、彼らはそういう時間の使い方が好きなのです。

 

こんな風に、人それぞれ時間の使い方は違うはずなのに、みんな兵隊さんみたいに一定の時間で動きます。

ただただ兵隊のように頑張っても、時間は自給できません。

頑張ることで満足するなら、それはそれで良いと思いますけどね。

時間を自給する

時間の作り方

それでは、どうすれば時間を自給できるのか?

それは、ズバリ・・・!

 

「仕組みを作るということ」

仕組みを作って、常に動かせとけば、時間は自給できます。

 

例えば、アフィリエイトなら、サイトという種をまいて水を与えとけば、勝手にサイトが働いてくれるわけです。

そのサイト作りも、外注さんに書いてもらう仕組みを作っておけば、旅行中でも記事を作ることができます。

このように、自分が動かなくても良い仕組みを作っておけば、時間は自給できるのです。

 

また、ちょっと人と生活をズラすっていうのも有効です。

人が動いていない時に動いたり、ちょっと発想をズラすだけで、自分だけの時間って作ることができます。

 

僕がサラリーマンの時も、朝5時に起きて作業して、会社の飲み会は全て断っていました。

これもちょっと人と生活をズラして、時間を自給するということです。

 

アフィリエイトで成功したかったら、人と同じ発想をしてたら、絶対にうまくいきません。

まずは時間を自給するということを意識して、人と発想をちょっとズラし、仕組み作りを考えると良いですね。

都内で畑をしながら、月100万稼ぐ自給自足アフィリエイター。
お金・物・時を自給する力を持つ”自給人”を増やします!
詳しいプロフィールはこちら
月20万円稼ぐ無料メール講座はこちら

農耕型アフィリエイトで月10万稼ぐ無料メルマガ

noukougata_catch
畑をしながら、アフィリエイトで稼ぐ僕がお届けする、無料メルマガです。

このメルマガでは、僕が身に付けたテクニックと思考法を配信しています。

特典として、月10万円稼ぐためのブログアフィリエイトノウハウをプレゼントしています!
スポンサードリンク
スポンサードリンク
時間自給

農耕型アフィリエイトで月10万稼ぐ無料メルマガ


畑をしながら、アフィリエイトで稼ぐ僕がお届けする、無料メルマガです。

このメルマガでは、僕が身に付けたテクニックと思考法を配信しています。

特典として、月10万円稼ぐためのブログアフィリエイトノウハウをプレゼントしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です