ゲスの極みで良いんじゃない?ゲス・川谷とベッキーの不倫を考える

「両成敗は止まらない~♪」

今SMAPと共に、世間の話題をかっさらっているゲスの極み乙女(とベッキー)。
叩かれまくってるけど、これぞ「人間らしさ」なんじゃないかと思う。

人間の欲望

人間誰しもが、大きな欲望を持っている。
ゲスの極み乙女・川谷は、それが正直に出てしまって、タイミングが悪すぎただけだ。

僕たち男たちは、目の前にベッキーのような美女がいたら、その欲望に勝てるだろうか?
僕は、ベッキーがもし誘惑してきたら、その欲望に勝てる自信がない。

確かに、川谷の奥さんは可哀想だ。川谷はゲスだ。クズだ。それは間違いない。
でも、それで川谷が嫌いになったら、離婚して別れれば良い話じゃないのかな?
そんなに、離婚って犯罪レベルにイケナイことなのか?

アーティストなんて、それくらい精力湧いて活動しないと、良い作品なんて作れない
むしろ、精力溢れるままにやらかして、その辛さ・悔しさ・怒りを音楽にぶつけて欲しい。

リア充の作る音楽なんて、誰が求めるだろうか?
僕は、「あなたが好き~幸せ~」みたいな音楽なんて、ツマラなすぎて聞きたくない。

ゲスの極み乙女の音楽は、間違いなくカッコイイ。
あの意味不明な変拍子の曲は、彼らにしか作れない。

でも、どれだけかっこよくても、バンドは変わり続けなければ飽きられる。
その創作活動に必要なのが、精力ギンギンの活力だ。

天才アーティストは、みな社会不適合だ

今はクリーンになりすぎてるけど、
音楽に限らず、昔の天才アーティストなんてゲスで、クズで、社会不適合者ばかりだ。

例えば、ピカソやゲーテ、岡本太郎なんて、かなりの女たらしだ。

「語るピカソ」では、ピカソと親交が深かった写真家・ブラッサイはこう語っている。

「ピカソにとっては、恋愛事件はそれ自体が目的ではなく、おのれの想像力への欠くことのできない刺激物である」

今後、一過性の音楽で潰れるか、
歴史に名を残すアーティストになるのかは、ゲスの極み乙女の感じ方次第

あの音楽性で、哲学的な歌詞を書くようになったら、僕はさらに好きになるなぁ。

ベッキーは自分の闇を受け入れられるか

ちなみに、人間らしくない人間の代表例は、ベッキーだと思う。
いつでも笑顔でクリーンで、社会適合者の代表だけど、彼女の闇が全く見えない。

それが一気に噴出してしまったのが、今回の不倫騒動だ。

ベッキーは、これを機に、自分の闇をしっかり受け止められるか?
それが今後の生き方に繋がると思う。

闇を受け入れられたら、人間は強くなる。

都内で畑をしながら、月100万稼ぐ自給自足アフィリエイター。
お金・物・時を自給する力を持つ”自給人”を増やします!
詳しいプロフィールはこちら
月20万円稼ぐ無料メール講座はこちら

農耕型アフィリエイトで月10万稼ぐ無料メルマガ

noukougata_catch
畑をしながら、アフィリエイトで稼ぐ僕がお届けする、無料メルマガです。

このメルマガでは、僕が身に付けたテクニックと思考法を配信しています。

特典として、月10万円稼ぐためのブログアフィリエイトノウハウをプレゼントしています!
スポンサードリンク
スポンサードリンク

農耕型アフィリエイトで月10万稼ぐ無料メルマガ


畑をしながら、アフィリエイトで稼ぐ僕がお届けする、無料メルマガです。

このメルマガでは、僕が身に付けたテクニックと思考法を配信しています。

特典として、月10万円稼ぐためのブログアフィリエイトノウハウをプレゼントしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です