シザーハンズのあらすじと感想!この街はネット社会に似ている?

シザーハンズ

アマゾンプライムで、シザーハンズが無料なので、観てみました。そこから感じたのは、圧倒的な孤独感・・・!あらすじと感想をご紹介します。

表題:シザーハンズ(Edward Scissorhands)
公開:1990年12月
監督:ティム・バートン
出演:ジョニー・デップ 、ウィノナ・ライダー他

シザーハンズ-あらすじ

丘の上の広い屋敷に年老いた発明家が住んでいた。彼はたった一人で人造人間エドワードを作っていたが、完成間近に急死。エドワードはハサミの手のまま取り残されてしまった。化粧品のセールスで屋敷を訪れたペグは気の毒に思い彼を家に連れて帰る。戸惑いながらも、持ち前の手のハサミを活かして、庭木の剪定、犬のトリミング、美容師としての才能を開花させ、街の人気者になる。そして、エドワードはペグの娘・キムに惹かれるが、不器用が故に何もすることができない。そんな中、度重なる誤解で、次第に街の人から嫌われてゆく。あるクリスマスの夜、エドワードに近づいたキムを傷つけてしまい・・・。

シザーハンズ-感想

シザーハンズからは、ちょっと切ない孤独感を感じました。手がハサミで不器用が故に、優しい心を持っているのに、傷つけてしまう。うまく自己表現ができないエドワードのもどかしさ・・・。

でも、エドワードの気持ちもよくわかります。人を傷つけたくないのに、些細な一言で傷つけてしまうことってありますよね。傷つけたと思い込んでる場合もあるけど。その些細な一言が、エドワードで言う、ハサミなんですね。

シザーハンズの町はネット社会?

シザーハンズで印象的なのは、ほとんどの家が同じような形で、似た家が並んでいること。そして、エドワードが来た時に、変な男が来たと野次馬のように群がり、ちょっと評判が良くなると、一気に人気者になり、逆にちょっとでも誤解があると、一気に嫌われてしまう。

これは、現在のネット社会に似ているなと思いました。このシザーハンズの村社会はツイッターみたい。ちょっとでも悪い噂をすると、あっという間に全世界に広まり、存在価値さえも否定されることもあるから、怖いですよね。

ですが、全員から嫌われるわけじゃなくて、キムやペグのようにわかってくれる人もいるんです。キムが「抱いて?」と言った言葉の返答が「抱けない」はちょっと切なかったですが、おばあちゃんになっても、心惹かれてるのは、美しいですよね。

エドワードの城を心の中に

シザーハンズでは、エドワードの城が孤独の象徴のような感じでしたが、僕は、あの城を自分の心の中に持った方が良いんじゃないかと思います。周りからどれだけ嫌われても、この城にいれば安心、自分は自分を信じることができる。そして、気が向いたら、下に降りてくれば良いんじゃないですかね?笑

ティムバートンの映画を正直初めて見ましたが、シザーハンズからは猛烈な孤独感を感じました。調べたら、ティムバートン自身、コミュニケーションが苦手で孤独を感じてたみたい。

一気にティムバートンへの興味が湧きました(←単純)
ティムバートンの映画をどんどん観ていこうと思います。

それにしても、ジョニー・デップってほんと色んな役をやっていますよね。ほとんど言葉を発しないエドワードで、あれだけの空気感を作れるのは、本当に凄いなぁ。

都内で畑をしながら、月100万稼ぐ自給自足アフィリエイター。
お金・物・時を自給する力を持つ”自給人”を増やします!
詳しいプロフィールはこちら
月20万円稼ぐ無料メール講座はこちら

農耕型アフィリエイトで月10万稼ぐ無料メルマガ

noukougata_catch
畑をしながら、アフィリエイトで稼ぐ僕がお届けする、無料メルマガです。

このメルマガでは、僕が身に付けたテクニックと思考法を配信しています。

特典として、月10万円稼ぐためのブログアフィリエイトノウハウをプレゼントしています!
スポンサードリンク
スポンサードリンク
シザーハンズ

農耕型アフィリエイトで月10万稼ぐ無料メルマガ


畑をしながら、アフィリエイトで稼ぐ僕がお届けする、無料メルマガです。

このメルマガでは、僕が身に付けたテクニックと思考法を配信しています。

特典として、月10万円稼ぐためのブログアフィリエイトノウハウをプレゼントしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です